スライドショー

Python

MacにPythonをインストールする方法

Pythonにはバージョンが2から始まる「2系(2.X.X)」と、3から始まる「3系(3.X.X)」の2つに分けられます。

2系と3系ではコード書き方や使用できるライブラリも違うなど若干違う点があります。

今後は2系から3系へと移行していくためこれからPythonを学習し始める方は迷わず3系をインストールすると良いでしょう。

Macには標準で2系がインストールされていますが、今回は3系のインストール手順を紹介します。

インストール手順

今回は、Pythonのバージョン管理ツールである「pyenv」を用いてPython環境を構築しようと思います。

インストールは以下の手順で進めていきます。

  1. 「Homebrew」のインストール
  2. 「Homebrew」を用いて「pyenv」をインストール
  3. 「pyenv」を用いて「Python」をインストール

インストールを始める前に、まず今現在インストールされているPythonのバージョンを確認してみましょう。

ターミナルを開いて、以下のコマンドを実行してください。

python --version

すると、今使用中のPythonのバージョンが表示されるかと思います。
私の場合「2.7.15」がバージョンになります。

Homebrewのインストール

まずはじめに、「pyenv」をインストールするために「Homebrew」というツールをインストールする必要があります。

インストール手順は下記の記事を参考にしてください。

「Homebrew」を用いて「pyenv」をインストール

次に、先ほどインストールしたHomebrewを使って、「pyenv」をインストールしていきます。

pyenvインストール事前確認

まずは、すでにpyenvがインストールされていないか確認してみましょう。
ターミナルで以下のコマンドを実行します。

pyenv -v

実行した結果「command not found: pyenv」などと表示された方はまだpyenvがインストールされていません。

もし、「pyenv 1.X.X」などと表示された場合、すでにpyenvはインストール済みであるため、このステップ「「Homebrew」を用いて「pyenv」をインストール」はスキップしてください。

pyenvインストール

インストールされていなかった場合は、以下のコマンドを実行してpyenvをインストールしましょう。

brew install pyenv

以下のような画面になったらインストール完了です。

正常にインストールされたか、再度以下のコマンドを実行しバージョンを確認してみましょう。

pyenv -v

「pyenv 1.X.XX」などと表示されればインストール成功です。

「pyenv」を用いて「Python」をインストール

次は、先ほどインストールしたpyenvでPythonをインストールしていきます。

Pythonインストール事前準備

まず以下のコマンドを実行し、現在使用している環境を確認します。

echo $SHELL

実行した結果が「/bin/bash」か「/bin/zsh」かで次に実行するコマンドが異なります。

「/bin/bash」の場合

実行結果が「/bin/bash」だった場合は以下のコマンドを実行してください。

echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bash_profile

echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile

echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bash_profile

source ~/.bash_profile

「/bin/zsh」の場合

実行結果が「/bin/zsh」だった場合は以下のコマンドを実行してください。

echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.zshrc

echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.zshrc

echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.zshrc

source ~/.zshrc

これらのコマンドは、Pythonを使う際にデフォルトでインストールされているPython(2系)出なく、今回インストールするPython(3系)を使用するためのコマンドです。

実際に何をしているかというと、「.bash_profile」「.zshrc」といった設定ファイルにechoコマンドでpyenvの設定を書き込んでいるコマンドになります。

sourceコマンドは設定ファイルに追記した内容を反映させるためのコマンドです。

実際に確かめてみたい方は以下のコマンドを実行して確認してみてください。
※catコマンドはファイルの中身を表示させるコマンドです。(使用例:cat ファイル名)

cd
cat .bash_profile

cd
cat .zshrc

Pythonインストール

それではいよいよPythonのインストールです。
pyenvでは、複数のバージョンのPythonをインストールすることができます。

2系、3系を任意のタイミングで切り替えることができ使い分けることが可能です。

まず、以下のコマンドを実行してインストール可能なPythonのバージョンを確認してみましょう。

pyenv install --list

最後のほうに「stackless-3.5.4」などPython以外も表示されているかもしれませんが、今回は無視してください。

上部に「3.9.X」「3.8.X」などがありますが、これらが使用できるPythonのバージョンになります。

「3.9-dev」などはまだ開発途中のものであるため動作が安定していない可能性があります。
上記の場合だと「3.8.2」が最新であるためこちらをインストールしてみましょう。
※インストールするバージョンはその時の最新をインストールするとよいでしょう。

以下のコマンドを実行してPythonをインストールします。

pyenv install 3.6.5

数分時間がかかりますが、以下のような画面が表示されればインストール完了です。

正常にインストールされたか、以下のコマンドで確認してみましょう。

pyenv versions

指定したバージョンが表示されれば正常にインストールされています。

ただし、現在「* system ~」となっています。
この状態だと、まだMac標準のPythonを使用する設定になっているので、以下のコマンドを実行してpyenvでインストールしたPythonを使用するようにします。

pyenv global 3.8.2

すると、「* system ~」となっていたものが、「* 3.X.X」と先ほどpyenvでインストールしたPythonに切り替わっていることが確認できます。

試しに、再度Pythonのバージョンを確認してみましょう。

python --version

バージョンが更新されていればPythonのインストールは完了です。

お疲れ様でした!

-Python

© 2021 yoshicont.