スライドショー

ブログ

WordPressにも適応されているライセンス「GPL」について知っておこう

ライセンス「GPL」について知っておこう

こんにちは、㐂子(よしこ)です。

皆さんは「GPL」というライセンスの意味をご存知でしょうか?
今回は、WordPressやWordPressプラグインにも適応されるGPLについて解説します。

そもそもライセンスって何?

ソフトウェア開発者は、自身の開発したソフトウェアに対し、使用、改変、再配布、販売などの可否や条件を定めることができ、それらを文書にまとめたものをライセンスといいます。

例えば「自分が作成したプログラムを他の人にも使って欲しい!」と思い、誰でも自由にそのプログラムを利用できるようインターネット上に公開したとします。

その時、自分が公開したプログラムを勝手に第三者が作ったことにされたりしたら嫌ですよね?
また、「あなたの作ったプログラムを使ったらおかしくなったんだけど!責任とってください!」なんてことを言われる可能性も...

あらかじめライセンスという形で約束事を明示しておくことで、そういったトラブルを回避すると同時に、ソフトウェアを自由に公開できる環境を整えることで、ソフトウェアの普及に貢献しています。

GPLとは?

それでは、今回の本題である「GPL」について説明していきます。

GPLとは「GNU General Public License」の略です。
日本語だと「GNU 一般公衆利用許諾書」という意味で、コピーレフトを永続的に保証するためのライセンスです。

コピーレフトとは?

ソフトウェアと共にソースコートを公開する場合に設定される権利条件。
コピーレフトのソフトウェアは、自由に改変・複製・再配布などが可能だが、再配布する場合は、同様にコピーレフトであることが条件となる。

開発したソフトウェアにGPLライセンスを付与することで以下のような利用条件を付加することになります。

  • 開発者は自身が作成したプログラムによる被害の責任を負わない
  • プログラムの商用・非商用にかかわらず、改変・再配布を認める
  • GPLが適応されたプログラムを含むソフトウェアを再配布する場合は同様にGPLライセンスを継承する

GPLが適応されたプログラムは、公開後プログラムの不備により被害が発生したとしても責任を負うことはありませんが、同時に、自身が作成したプログラムを自由に改変し商用に使用される可能性もあります。

あくまでも、「ソフトウェア開発の自由度」を重視したライセンスであることを意識しておくと良いでしょう。

まとめ

GPLは一言で言うと「私の作成したプログラムは自由に使っていいけど責任は負いませんよ!」という約束事を明示したライセンスです。

自身が作成したソフトウェアを公開する場合には是非意識してみてください!

-ブログ

© 2021 yoshicont.