スライドショー

ブログ

「Google が掲げる 10 の事実」についての考察

【SEO】Googleが掲げる10の事実の考察

Googleの検索エンジンに対してのSEOについて考える際に、無視できないもの。

それがGoogleが明示している「Google が掲げる 10 の事実」です。
(※Googleの公式ページに記載されています)

今回は「Googleが掲げる10の事実」について考察していこうと思います!
これからブログを始めようとしている人も一緒に考えてみましょう^^

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。

https://www.google.com/about/philosophy.html?hl=ja

これは、SEOを考える際に口を酸っぱくして言われている「ユーザー目線で書きなさい!」というやつですね。

Googleはいかにユーザーに対して有益な情報を提供できるかを重視している様です。

下記の一文からは、「Googleの検索画面の使いやすさ」について考えさせられます。

Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。

Googleの検索画面
Googleの検索画面

Googleの検索画面には余計な要素が極限まで排除され、検索のみを行う様な画面設計になっています。

Googleの検索エンジンの本来の目的は「問題解決」です。

いかにユーザーの問題を解決できる情報を提供できるかが目的である為、その入り口である検索画面はユーザーがすぐに検索行動が行えるよう、瞬時に表示されるように設計されたのでしょう。

このあたりから「ユーザー第一」の考えが読み取れますね!(すばらしい!)

自分でサイトを立ち上げる際も、「検索窓」や「パンくずリスト」などを設置するなど、ユーザーが使いやすいデザインにすることで「ユーザーの利便性向上」を図ることが重要になりそうです。

まとめ

  • ユーザーを第一に考えてね!
  • 収益目的じゃなくて使い手のことを考えていれば結果は出てくるよ!
  • 検索結果はお金に左右されないよ!

1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番

2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
Google は検索を行う会社です。検索問題を解決することだけに焦点を置いた世界最大級の研究グループを有する Google は、自分たちにできることが何か、それをもっとうまくやるにはどうすればいいかを知っています。複雑な問題も反復に反復を重ねて解決し、すでに膨大なユーザーが情報をすばやくシームレスに検索できているサービスに対しても、絶え間ない改善を続けています。検索分野で培った技術は、Gmail、Google マップなどの新しいサービスにも応用されています。Google では、他の分野でも検索技術を活用することで、ユーザーが生活のあらゆる面においてさまざまな情報にアクセスして利用できるよう努力を続けています。

https://www.google.com/about/philosophy.html?hl=ja

今では様々なサービスを提供してるGoogleですが、その原点となったのが「検索」だと思われます。

「検索」という観点で極限まで切り詰めた結果、今や他社を寄せ付けない独走状態を獲得しています。

1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。

この一文の裏付けとして、今のGoogleの知名度が物語っていますね。

ブログに例えると、よく「雑記ブログと特化ブログどちらが良いか?」という話題を目にするが、Google様的には「特化ブログ」を推奨しそうですね(笑)

検索分野で培った技術は、Gmail、Google マップなどの新しいサービスにも応用されています。

自身の得意分野を持ったらそれを拡張していきなさいと言っているように思います。

これに少し似た考え方に「守破離」というものがあります。

守破離

守・・・何かの真似をして創作する。
破・・・創作したものに自分なりのアレンジを加える。
離・・・全く新しい創作物を生み出す。

初めは今あるものを自分なりに噛み砕き習得し、それを土台に新たにモノを生み出していくという考え方です。

Googleもこの考えを根に歩んできたのでしょうか。

まとめ

  • ひとつの事を極めなさい!(雑記ブログより特化ブログ!)
  • 極めたらそれをもとに新たな分野を開拓しなさい!

とりあえず難しいことは考えずに特化ブログです!
まずはその道のプロになりましょう!

遅いより速いほうがいい

3. 遅いより速いほうがいい。
Google は、ユーザーの貴重な時間を無駄にせず、必要とする情報をウェブ検索で瞬時に提供したいと考えています。自社のウェブサイトにユーザーが留まる時間をできるだけ短くすることを目標にしている会社は、世界中でもおそらく Google だけでしょう。Google は、Google のサイトのページから余計なビットやバイトを削ぎ落とし、サーバー環境の効率を向上させることで、自己の持つスピード記録を何度も塗り替えてきました。検索結果の平均応答時間は 1 秒足らずです。Google が新しいサービスをリリースするときには、常にスピードを念頭に置いています。モバイルアプリをリリースするときも、新時代のウェブにふさわしい高速ブラウザの Google Chrome をリリースするときも同じです。今後も、さらなるスピードアップを目指して努力を続けていきます。

https://www.google.com/about/philosophy.html?hl=ja

これも言葉のままの意味ですね。

ホームページの表示速度は速いに越したことはありません。

サイトを表示する際に遅くなる要因として画像の表示があげられますが、「遅延表示」などを取り入れるなどして、可能な限り表示速度を速くすることが求められるでしょう。

ウェブ上の民主主義は機能する

4. ウェブ上の民主主義は機能する。
Google 検索が機能するのは、どのサイトのコンテンツが重要かを判断するうえで、膨大なユーザーがウェブサイトに張ったリンクを基準としているからです。Google では、200 以上の要素と、PageRank™ アルゴリズムをはじめとするさまざまな技術を使用して、各ウェブページの重要性を評価しています。PageRank のアルゴリズムでは、ページ間のリンクを「投票」と解釈し、どのサイトが他のページから最高の情報源として投票されているかを分析します。この手法なら、新しいサイトが増えるたびに情報源と投票数が増えるため、ウェブが拡大するにつれて効果も高まります。また Google では、多くのプログラマーの力の結集によって技術革新が進むオープンソース ソフトウェア開発にも力を入れています。

https://www.google.com/about/philosophy.html?hl=ja

これは「外部リンク」についての記述ですね。

Googleでは民主主義の考えにならい、外部リンクを「投票」と例えているようですね。

この投票の範囲にはTwitterのようなSNS内に貼られたリンクも対象となっているという話もあります。

投票ということはSEO的観点から非常に重要となる部分に感じますね...

これは個人的に軽視していた部分ですね...
完全にアホでした...

他のサイトからより多くの票を集めたサイトが検索結果画面に上位表示されるということでしょうか。

これからは他のサイトから参照してもらえるような記事を意識していきましょう!

-ブログ

© 2021 yoshicont.